飼育用品の選び方 ≫ アクリル水槽
アクリル水槽
水槽選びのポイント
こちらのページではアジアアロワナの飼育に適した水槽についてご紹介します。
水槽のサイズ
アジアアロワナを飼育するには最低でも1200(W)×600(H)×600(D)[mm]のサイズが必要といわれています。個体のサイズを考慮するならば、幅は飼育するアロワナの体長の3倍、奥行きは1.5倍のサイズが必要です。小さな水槽では成長不良やストレスによるエラめくれなどの諸症状を起こす場合があります(≫アロワナの病気)。資金に余裕があるのであれば、あらかじめ1800(W)×600(H)×600(D)[mm]くらいの大きめの水槽を用意するのが良いでしょう。
水槽の材質
近年家庭でのアロワナ飼育においては、アクリル製の水槽が主流となっています。比較的軽いため取り扱いが容易であり、価格的にも手頃であるというのが利点です。ガラス製の水槽に比べ傷が付きやすいという弱点がありますが、ロイヤルプレコ(※)のような魚を混泳させなければ内部より傷が付くこともないでしょう。上項目で水槽のサイズについて言及しましたが、そのサイズの水槽をガラス製で用意するとなれば、相当額の出費を覚悟しなければなりません。ガラス製の水槽は傷が付きにくいものの、非常に重く取り扱いに不便ですし、何より割れやすいという弱点があります。

※ロイヤルプレコ…流木や石に生えた苔を削ぎ取って食べる性質を持つ。非常に鋭い歯を持っており、アクリル面をなめ回し、傷を付けてしまう
重量
大型水槽での飼育の場合、内部の水を含めた重量は相当なものとなります。アロワナ飼育に必要である1200(W)×600(H)×600(D)[mm]のサイズの水槽であれば、総重量500kgを下回ることはありません。そのため水槽設置にはその重量に耐えられる床強度が必要であり、強度が足りない場合には床補強工事が必要になります。
水槽台
鑑賞のためには、床に直に水槽を設置するよりも、水槽台に乗せた方が良いでしょう。ただし前項目で述べたように相当な重量となりますので、必ず専用の台を用意してください。荷重加工されていない棚やテーブルへの設置は大変危険です。
その他
アジアアロワナはよく飛び跳ねます。蓋を設置していない場合、ジャンプしたアロワナがそのまま水槽外へ飛び出てしまうことが充分に考えられます。重量のあるガラス製の蓋を設置するか、軽い蓋であれば重しを置いて蓋を固定できる構造にする必要があります。