アロワナの生態と歴史についてご紹介。
現市場での種類をご紹介。
アクアリウム・ガルーダのギャラリーです。
アロワナの飼育についての質問コーナー。
金属光沢の美麗な魚鱗。小魚を丸呑みするために、大きくせり出した下顎。発達した胸ヒレは身体を動かすたびにゆらゆらとたゆたい、見る者を魅了する観賞魚――アロワナ。彼らは1億年前から進化せずにそのままの姿形・性質を保っています。それはつまり、1億年前から既にスタイルが"完成"されていたということ――。

自然が生んだその流麗なフォルムや輝く鱗は、伝説上の神獣「龍」が地上に降りた姿であり、「龍」同様に神秘的な能力を持っていると広く信じられていました。その姿形と存在に畏敬の念を表し、中国では「龍魚」という名が付けられているほどです。そして現在でも華僑の人々の間でこの「龍魚」は「龍の化身」であり、「富と幸運を呼ぶ魚」であるとされているのです。

当サイトではそんな彼らの生態や飼育のポイント、選び方、よくかかる病気などについてご紹介します。初心者の方からベテラン飼育者の方までお役に立つ情報を取り揃え、快適な「龍魚との生活」をご提案いたします。古代アジアのロマンをご自宅に、いかがですか?